松澤・岡田研究室のブログ

東京工業大学 工学院 電気電子系 松澤・岡田研究室 に関するブログです。
研究室の活動などについて記載しています。東工大としての見解を述べるものではありません。

2009年09月

電子情報通信学会ソサイエティ大会@新潟大学

新潟大学で開催された電子情報通信学会ソサイエティ大会で下記発表を行いました。 詳細は、佐藤さんが報告してくれるそうです。 洪 芝英, 今西 大輔, 岡田 健一, 松澤 昭 「集積化されたPA-LNA間のカップリング経路の実測評価」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 (於 新潟大学), C-12-18, Sep. 2009. 高山 直輝, 松下 幸太, 岡田 健一, 松澤 昭 「CMOSプロセスによる60GHz帯無線送信回路の開発」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 (於 新潟大学), C-12-20, Sep. 2009. 山岸 世明, 松永 賢一, ドンターゴクヒュイ, 宮原 正也, 松澤 昭 「インバータを用いた送受信機に関する研究」 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 (於 新潟大学), C-12-21, Sep. 2009. 伊藤 利彦, 古谷 聡, 今西 大輔, 岡田 健一, 松澤 昭 「WCDMA無線受信機におけるノッチフィルタの歪み特性解析」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 (於 新潟大学), C-12-24, Sep. 2009. アハマド ムサ, チャイヴィパース ウィン, 岡田 健一, 松澤 昭 「バラクタとDAC を用いたデジタル制御発振器の検討」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 (於 新潟大学), C-12-26, Sep. 2009. 村上 塁, 原 翔一, 岡田 健一, 松澤 昭 「トランジスタの寄生容量を考慮した電圧制御発振器の最適設計手法の検討」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 (於 新潟大学), C-12-27, Sep. 2009. 原 翔一, 岡田 健一, 松澤 昭 「60GHz注入同期型周波数4逓倍器」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 (於 新潟大学), C-12-28, Sep. 2009. 文仙 啓吾, 高山 直輝, 岡田 健一, 松澤 昭 「ミリ波帯CMOS回路設計のためのマルチラインディエンベディング手法の検討」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 (於 新潟大学), C-12-31, Sep. 2009. 韓 政勲, 岡田 健一, 松澤 昭 「リング発振器用低雑音電流源の検討」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 (於 新潟大学), C-12-37, Sep. 2009. 佐藤 高洋, 原 翔一, 岡田 健一, 松澤 昭 「0.5V駆動LSI の実現に向けたLC型発振器によるクロック発生の検討」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 (於 新潟大学), C-12-38, Sep. 2009. 浅田 大樹, 原 翔一, 岡田 健一, 松澤 昭 「Class-C VCOを用いたクロック発生器の位相雑音特性の解析」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 (於 新潟大学), C-12-39, Sep. 2009. TA NGOC HUY DONG, 宮原正也, 松澤 昭 「Noise Effects Caused by Settling Time Optimization in Switched-Capacitor Circuit」 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 (於 新潟大学), C-12-57, Sep. 2009. Nguyen Thi Bich Ngoc, 吉原 慶, 宮原 正也, 岡田 健一, 松澤 昭 「低電源電圧動作のADCのためのボディバイアス解析」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 (於 新潟大学), C-12-60, Sep. 2009. 続きを読む

オンチップパ○ック

村上さんが、65nm CMOSチップ上にハッコウ素子を作成することに成功しました! 続きを読む

MWSCAS2009その4~海と日差しとダウンタウン~

発表翌日の早朝


DSCN0897.JPG カリブ海独り占めです。
続きを読む

MWSCAS2009その3~緊張絶頂~

T.O.もひと段落つきまして、やっと続きが書けます。。


session.JPG 続きを読む
記事検索
最新コメント
アーカイブ
ギャラリー
  • KorkutさんがIEEE MTT-S Graduate Student Fellowship Awardを受賞
  • KorkutさんがIEEE MTT-S Graduate Student Fellowship Awardを受賞
  • KorkutさんがIEEE MTT-S Graduate Student Fellowship Awardを受賞
  • IMS 2017
  • IMS 2017
  • VLSI Circuits 2017 (Wang-san)
  • VLSI Circuits 2017 (Aravind-san)
  • Prof. Huei Wang
  • LSIとシステムのワークショップ 
Translate
Twitter
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ